パレスチナ大虐殺(ホロコースト)
 
マイケル・ホフマンモーシェ・リーバーマン/太田 龍 監訳
イスラエルの手によって殺されたパレスチナ人の記録。まさにホロコーストと呼ばざるを得ない惨殺の実態に、元AP通信記者とユダヤ人研究者が立ち上がる。「民族浄化」の名のもとに現在も進行中の殺戮現場をなまなましく描くノンフィクション。

本体価格:1700円(税別)
ISBNコード:4-88086-144-8

 
このぺージのTOPへ ▲
 
ボーイング747はこうして空中分解する
 
カール・デイビス小路浩史
ジャンボ機の機首楕円構造は確実に機体をむしばんでいた。「パンナム103便墜落は爆破テロではない」。構造修理の秘密文書「ボーイング・レポート」を偶然にも入手、真実を知ってしまった技術者を巻き込む、超ド級の国際陰謀。日本図書館協会選定図書

本体価格:1800円(税別)
ISBNコード:4-88086-136-7

 
ウォルマートがアメリカをそして世界を破壊する
 
ビル・クィン大田直子監訳
世界売上げ2400億ドル、超巨大流通ウォルマートが西友を買収し、この日本にも上陸。数万件の訴訟を抱えながらも世界で最も尊敬される企業に輝いたウォルマート。その仮面を剥いだ素顔は醜悪そのもの、悪辣なやり口で利益だけを求める極悪会社だと著者、ビル・クィンは糾弾します。低賃金・悪労働条件のウォルマートの従業員や泣きを見る誘致自治体、反ウォル運動を展開する市民団体を取材し、ウォルマートの全貌を暴きます。

本体価格:1600円(税別)
ISBNコード:4-88086-151-0

 
「竹内文書」の謎を解く
 
布施泰和 著
超古代からの全世界の歴史が記されているという謎の古文書「竹内文書」だが、学界はすでに荒唐無稽な偽書の烙印を捺した。トンデモ歴史書として指弾される竹内文書だが、果たして、それを真実として受け入れてよいのか? 1982年に共同通信記者として「日本のピラミッド」の存在をスクープし、巨石文明ブームの火付け役となった著者が、その後約20年の歳月をかけ、青森の山中から沖縄の海底まで自身で踏査、竹内文書の記述との不思議な暗合を実証してゆく。白眉は東経137度11分につらなる「羽根」のライン、飛騨王朝の存在を実証するこの新発見は、竹内文書の信憑性をうかがわせるに充分な快挙だった。封印された超古代史、そのミステリアスな幕が開く。

本体価格:1800円(税別)
ISBNコード:4-88086-156-1

このぺージのTOPへ ▲

株式会社
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-42 TEL:03-3295-1687
Copyright(c)2001 Seikoshobo Co., Ltd. All right reserved.